庭師に日曜日という曜日はない。

今日は日曜日でお休みなんだけど、午前中に2軒、お客さんとのお約束が。

 

尊敬する庭師の方がおっしゃっていた。

「僕たちに休みも定時もないと思っています。」

自分の都合を優先するのではなく、お客様のご都合を最優先する、という事。

 

最初のお客さんは、同じ宇治市内で、すぐ近くの場所にあるお宅。

外構工事のお仕事で、現状の玄関周りのやり替えのお話。

門扉などを撤去してバイクを乗り入れる事ができる様にしたいとの事。

お客さんがお考えになっている内容とは別に

もう一つ違う形の提案をして差し上げ、近々見積もりを提示させて頂く事になった。

 

なんと、次のお客さんは自分と同じ町内にお住まい!

今年に入ってすぐだったかな?去年だったかな?に、

少し遠慮気味に配らさせて頂いたチラシを残しておいて下さっていた。

お見積もりに伺って、剪定のお仕事を頂く事になった。

ありがたい。

同じ町内のお客さんとのご縁が欲しかったんだー。

自分の住んでいる町内は約800世帯あるらしい。

お庭のあるお宅も結構ある。

自分の住んでる町内で違う造園屋さんが作業されているのを見かけると

なんだか切なくなる。 なんだか胸がキューッと苦しくなる。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL