いいお仕事。

今日は少し前にお見積りに伺った伏見区内のお宅へ剪定のお仕事。

昨年に切った柿の枝ゴミをそのままにして帰った植木屋さんの後片付け

から作業を始めた。

なんだこの枝ゴミの量は。

下の方は発酵し始めてるじゃないか。(しかもお客さんのお庭で)

 

改めて、信じられない。

先週から信じられない事が続く。

お正月を迎えるお客様のお庭に枝ゴミを置いたまま帰る植木屋さん。

でもゴミのお金もキッチリ貰って帰っている。

その人は自分が何をしているのか分かっているのか。

同じ仕事をしている人間として恥ずかしい。

 

ゴミを運び出した後はやっと自分の仕事。

槇は透かして、

梅は梅らしく。

金木犀も鋏で割ってみた。

レモンの木はできるだけ沢山の花をつけてくれる様に意識して。

「好きなようにして下さい」とおっしゃって頂いたので好きな様にさせて頂いた。

 

お客さんの唯一の希望は、コノテガシワの生垣を挟透かしにして欲しいとの事。

こういうリクエストは大好きです。嬉しくてたまりません。

 

生垣の剪定が終わる頃、お客さんが家から出てこられて

ちらちらと向こう側が透けて見えるのが涼しげだと、喜んでおられた。

良かった。

自分の方こそ、いい仕事をさせて頂いてありがたい。

 

帰り際、来年の庭の手入れも。と、お願いして下さった。

本当にありがたいし、感謝しかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL